金属製の棚やパイプベッドなどの金属製品のメンテナンスをする時に欲しい工具としてはまずハンマーがあります。

金属が少し歪んだ場合などに用いますが、色々なシーンで利用出来るので数本は欲しいです。



硬い金属を叩く場合は鉄工用の重量タイプが適していますが、パイプなどに使用すると逆に変形が酷くなったりキズが付いたりする可能性もあるので、木製のハンマーもあると良いです。


次に欲しい工具としては、モンキーレンチやプライヤーです。

モンキーレンチは金属製のボルトやナットを締める時などに用いますが、プライヤーは金属パイプを掴む場合に持ちます。

企業のクチコミに関することは、情報が満載なこのサイトにおまかせください。

特に水廻りの配管工事をする時は、金属パイプをガッチリ掴む事が出来るプリヤーがなければ何もする事が出来ないので一本は持っておきたい工具です。鉄工ヤスリがあると金属を切断した後のバリを落とす事が出来るのであると便利です。

鉄工ヤスリは車や自転車関係でサビ落としとしても利用出来る工具です。




必要に応じてサンドペーパーもあると良いです。

鉄工ヤスリだと目が粗過ぎるので磨いた後の表面が粗いですが、サンドペーパーであれば目の粗さを選択出来るので、研磨仕上げ具合に応じて使い分ける事が出来ます。
金属の切断などに大いに役立つ工具がディスクグラインダーです。

興信所の料金といえばこちらのサイトです。

ディスク状の砥石を回転させる事で金属の切断や研磨機としても利用出来るスグレモノです。

金属を糸鋸で切断すると時間が掛かり疲れますが、これがあると効率的に作業を進める事が出来ます。


ホームセンターなどでは実勢価格で1万円程度なので、家庭に一台あると重宝します。


なお、砥石は切断用や研磨用、サンディング用など用途によって使い分けなければならないので注意が必要です。

また、電気ドリルがあると金属に穴を空けられるので、ディスクグラインダーと電気ドリルがあれば金属で日曜大工が出来ます。


電気ドリルで空けた穴にタップを立てるとボルトで固定する事が可能になるので、必要に応じてタップも購入すると便利です。
このような工具は大事に使えば一生ものなので、1つあっても損ではないです。

現時点で最高のバーチャルオフィスの専門サイトのココです。

https://www.facebook.com/hypergear.BCP/notes
http://www.tioj.or.jp/activity/
http://japanblueberry.com/merit/goods.html