薄毛の原因はストレス

薄毛になってしまう原因に、ストレスがあります。


ストレスにより、体に過度なダメージを与えられてしまうと、それを回復するために、たくさんの栄養素を使用することになります。



また神経が興奮することにより、良質な睡眠を得られなくなり、これにより薄毛を促進させてしまうことになります。
ストレスがダメージを与えてしまうのは、ビタミンを消費させてしまうからです。



ストレスによるダメージから体を回復するために、通常よりも多量のビタミンを消費してしまうことになります。


ビタミンは細胞を作ったり、またエネルギーを代謝するために必要な栄養素です。



これをストレスの解消のために使用してしまうことになると、丈夫な髪の毛を作り上げるために使用する割合が少なくなってしまい、髪の毛が薄くなってしまうことになるのです。


ストレスにより、睡眠の質が妨げられてしまうのは、交感神経が優先的に使用されてしまうからです。
睡眠をするためには、副交感神経が優先的に使用されている必要があり、ストレスはその状態を作り上げることを邪魔してしまうのです。

なので睡眠の質が低下し、薄毛を引き起こしてしまうことになります。以上のようにストレスは、栄養の面でおいても、また睡眠の面においても、薄毛を引き起こしてしまう原因となるのです。
なので薄毛を解消するためには、日常生活において、できるかぎりストレスを感じないようにすることが優先になり、そのための方法を見つけることが最優先なのです。


Copyright (C) 2015 薄毛の原因はストレス All Rights Reserved.